八戸ブックセンターでのイラストレーション

毎月のスケジュールの表紙・挿絵イラスト

こちらは引き続き毎月更新予定です◎


ギャラリー展「本で旅をしよう。」

フライヤーイラスト、及びギャラリー内に展示する、選者の方々の似顔絵を担当。

「本で旅することを知ってほしい。」

本展示では、このような思いから、八戸市内や近隣地域でさまざまな活動をしている方々に「本で旅をしよう。」をテーマに1冊選書いただき、ギャラリー内に展示いたします。また、その本に対する選者の方の思いなどをつづったコメントも本と一緒にご紹介しますので、あわせてお楽しみください。

八戸ブックセンター ウェブサイト

期間:【第1期】令和2年9月19日(土) 〜 令和2年11月15日(日)【第2期】令和 2年11月18日(水) 〜 令和3年1月11日(月・祝)

写真・髙坂真(八戸ノ本室)


ギャラリー展「紙から本ができるまで展2019 ~中居裕恭×森山大道×町口覚×三菱製紙八戸工場~」

フライヤーのたこイラスト、及び記念として発刊された書籍のイラストレーション(こちらもたこ)を担当。

八戸市出身の写真家・中居裕恭さんと、その早すぎる死を惜しんだ森山大道さんの競演(デュオ)を軸に、物質(モノ)としての紙や本を、五感を総動員して体感していただくサウンドインスタレーションを展開します。ふだん目にふれることのない木材チップや、製紙工場や印刷工場、製本工場などの現場でレコーディングされた機械音を媒介に、文字どおり〝紙から本ができるまで〞のプロセスを凝縮した空間をお楽しみください。

八戸ブックセンター ウェブサイト

読書に親しむ「マイブック推進事業」

八戸市教育委員会では、八戸市立小学校と県立特別支援学校小学部に在籍する全ての児童に、市内書店で使用できる「マイブッククーポン(一人2,000円分)」を配付し、保護者とともに書店に出かけ、自ら本を選び購入する体験を通して、読書に親しむ環境をつくることを目的とした「マイブック推進事業」を実施しています。

八戸市 ウェブサイト 

事業の一環で作成している、「ブックリスト 本はともだち」のイラスト・デザイン(と、選書)を担当。

以下のリンクより、今までのブックリストすべてPDF形式でご覧いただけます。

https://www.city.hachinohe.aomori.jp/kosodate_gakko/kyoiku/kyoikuiinkai/9683.html


【開設1周年記念イベント】朗読劇 銀河鉄道の夜

イベントのためのちらしデザインとイラストレーション。当日ご来場の方への記念として作成したポストカードとブックカバーも作成。

みんなをのせてレールをのばして、どこまでも。

https://8book.jp/bookcenter/1189/

【開設1周年記念ギャラリー展】紙から本ができるまで展

ちらしのイラストレーションを担当。(デザイン・佐藤亜沙美さん)

私たちが普段当たり前に読んでいる本は、原稿を書いている著者の方がいて、表紙や本文組みなど本全体をデザインする方がいて、紙をつくる方がいて、印刷・製本・出版する方がいて、そんないろいろな人たちの想いがつまって私たちの手元に届きます。今回の展示は、八戸出身作家・木村友祐さんの最新刊『幸福な水夫』ができあがるまでの過程を体感できる内容となっています。装丁はデザイナーの佐藤亜沙美さん、用紙は三菱製紙八戸工場でつくられた紙を使用していますので、八戸でつくられた「紙」が、どのような道を辿って私たちの手元に「本」として届いているのかにも着目してお楽しみください。

八戸ブックセンター ウェブサイト
トップに戻る