4匹の猫と暮らすこと,ねこ,ももこ,日々,老猫との日々

 私仕事、夫休みの日。

 休み時間にお昼を食べていると、夫から着信。普段よっぽどの用事がないと電話をよこさないので、なんだろうと思いつつでると、「ももこの鼻から血が出てる」。

 焦っている声で、こちらまで不安になる。鼻水にすこーし血が混じることはたまにあったので、そんな感じかと聞くと、いや、もっと血だと。血を拭き取ったティッシュがあるというので、家に置いてあるiPadで写真を撮ってと伝えた。それがあれば、私の手元にあるiPadと同期されて見ることができる。しばらくしてアルバムに写真が同期された。確かに、これは、いつもより多いし、鼻水に混じった感じじゃない。「とりあえず、病院行ったほうがいいね」。夫が休みで助かった。タクシーを手配してすぐ病院へ向かってもらった。

 いつ何があってもおかしくないくらいの年齢と、持病なので、いつだって覚悟している。はずなのに、こういうことが起きると、非常に動揺してしまう。

 夫から電話。診察が終わったと。結果から言うと、粘膜はとても弱いので、血が出ることはままあると。鼻水の薬を飲み薬として処方するのは、現在のももこの飲んでいる薬との兼ね合いを考えると、体に負担がかかる。ので、1週間分の止血剤と、点鼻薬をもらい、1週間様子を見ることになった。家に帰る頃には血も少しおさまった様子。まだ油断はできないけど、ひとまず、ほっ。

 乗り換えなどの関係で、夫、ももこと職場に寄ってくれた。バッグの中でオムツをして、おこなももこを、スタッフのみんなが撫でてくれた。

 飲んでいる薬、輸液の量、いろんなことが作用して、体に影響が出る。唯一いいことは、食欲がすごいので、体重が順調にふえていること。2kgの小さい体で、本当に踏ん張って、生きている。

4匹の猫と暮らすこと,ねこ,ねこの絵,ももこ,老猫との日々

 先日こんな記事を書いたのですが、

 その直後、おもらしをいたしましたので、晴れておむつ猫デビューとなりました。とはいえまだなんとか自力でトイレに行くこともできる。気分的にまだうんちはトイレでやりたいだろうな。というわけで、夜に自分でうんちをしたのを見届けて、輸液もすませて、私たちが寝る直前におむつ装着。特に嫌がる様子はなく、されるがまま。つけている時はゴロゴロいっている。歩く様子も問題ないようす。とりあえず、ホッ。


で、朝を迎え、ドキドキしながらももこのおむつをチェック。

・・・おしっこできてました!

やったー!
ももちゃんえらい!

ふふん!
あたりまえよ!

 すこしの間は、夜や、私たちが留守のときに装着してみようとおもってるのだけど、これも日々の様子をみて判断だな。ともかく、ももこの元気がいちばん。


 ちなみに、使っているおむつ。ユニ・チャームさんの猫用おむつ「マナーウェア」というものなのだけど、去年発売されたばかりのよう。それまでは、猫用がなかったため犬用を代用している人が多かったそうで、(しっぽの位置などの違いから、フィットしないこともあると)ユニチャームさん、本当にありがとうという気持ち…。サイズ展開はM、S、SSで、うちのももこ(体重2キロほど)はSSでピッタリでした!

4匹の猫と暮らすこと,ねこ,ももこ,日々,老猫との日々

 先日のおもらしの日に、ももこのオムツを購入した。のだが、何かを察したのか、ももこは、その日から全くおもらしをしなくなった・・・。(とてもいいことです)気をつけて様子を見て、その時が来たらオムツしよう。(多分そんなに遠くない日)

 ここ数日で気になったのは、鼻水が黄色くなってきていること。そしてその量がちょっとずつ増えてきている(ように感じる)こと。この辺りは次回診察の時に先生に聞いてみよう。

 いいこともあった。体重は少しずつ増えて、2.18kgにまで増えた。2.2kgまでいくかなぁ。

4匹の猫と暮らすこと,ねこ,ももこ,老猫との日々

トラちゃんの半分(以下)大きさのももこ。

 強制給餌をしていても、体重は少しずつ少しずつ減っていることもあり、病院の先生と相談して、ももこの日々の輸液量を120mlから150mlにすることに。使うシリンジは、2本から3本へ。今までどおり夜23時頃が輸液と薬の時間だ。
現在のももこの体重は2.15kgの前後をウロウロしている。輸液量を増やしたことによる問題(心拍が上がるなど)はなかったので一安心。
 とおもったのもつかのま、突然のおもらし。水分量がぐぐっと上がってしまったからだろうか。まさに今日の朝、気づいたらこたつ布団の上がびっしょり。実はこれで2回目。匂いこそキツくないのだが輸液の量も増やしていたのでおしっこの量もりっぱなものだ。これはいよいよ、おむつのことを考えなければいけないのかもしれない。私の周りには、老猫と暮らしている(いた)友人も何人かいるので、さっそくアドバイスなどもらい、少し気持ちがほっとした。なによりももこが辛くなく、気持ち悪くならない方法がいいはずなので、いくつかの方法を試す必要がありそう。

 ちなみに、今日は天気よい日だったのでこたつ布団はすぐにふかふかに乾いた。

あらったおふとんきもちよかった〜

4匹の猫と暮らすこと,ちいた,ねこ,日々,絵のこと

もともと寝るのが大好きな猫が、寝ることが大好きな人間と一緒に暮らしたら、ついにベッドで寝るようになってしまいましたというおはなし…

友人からは、
「猫型の何かかな?」と言われるこの寝姿よ・・・
朝目にすると、大変癒されます。

さすがにまくらはつかっていない模様

ちいちゃん・・・
いつまで寝てるのかな?

ごはんもぐもぐ・・・

夢見てたー!

とにかく眠たい

思い返せば、昔から布団で眠るのが好きだったよね。


そういえば、
全然話は変わるのですが
こんなサイトを利用してみました。

https://potofu.me/morihanaco

これ以上ウェブサイト的なもの増やしてどうするんだという気持ちもありつつなのですが、(私が感じた)「POTOFU」の意いいところとして、自分が管理しているSNSなどをずらっと見ることができる/客観視できるのがいいなと。整理整頓もしやすそうな気がしたので、おためしで利用してみることにしました。もしよかったら覗いていただけると嬉しいです。

ちなみに、この「POTOFU」で使える機能が増えるという招待リンクもあるそうなので、よかったら。(私も恩恵に預かりたい)

https://potofu.me/signup?code=VYUSWesbhHXb

利用してみてのとりあえずの気付きとして…(イラストの方の)Instagram、更新してないな!?でした。がんばります〜