絵本

f:id:hanaco-mori:20201017130642j:plain

一昨年の今頃だったでしょうか。田中清代さんの絵本が久しぶりに出ると聞いたとき、とても嬉しかったのを覚えています。そして実際にその絵本を手にしたとき、宝物のように思えて、大事にページをめくっていきました。

ひとりで帰るいつもの道で、女の子が不思議ないきものをみつけます。どうやら、自分にしか見えていないみたいです。ある日、思いきって声をかけると、その〝くろいの〟は、台の上からおりてきて、とことこ歩きだしました。ついていくと、へいの穴からもぐりこんだのは、ほどよく古びた日本家屋。そこは、くろいのの家でした。

おしゃべりはしないまま、居心地のいい居間でお茶を飲んだあと、くろいのは女の子を、押し入れの中から屋根裏につれていってくれました。そこに広がっていたのは、暗闇の中にキノコやコケが光る幻想的な世界。ブランコやすべり台で思いきり遊んだあと、ふたりは大きな生きものの柔らかな毛なみにつつまれてぐっすり眠りました。お母さんの夢を見た女の子は、また、くろいのとともに居間にもどってきます。

田中清代さんのブログを拝見していたところ、「くろいの」は、いつか絵本にしたいと温めていたキャラクターだったそう!銅板画で描かれた繊細でゆったりと描かれた絵は、映画のワンシーンのようです。女の子とくろいのは、画面いっぱいに生き生きと動き回ります。

くろいのの存在は、女の子にとって、普段はできない「寄り道」への憧れだったのかもしれないですが、くろいのとお別れして、お父さんと会ったとき、どこか女の子はほっとした気持ちにもなったのかなあなんて考えました。

この絵本は夫も気に入っていて、ある中学校への出張授業の際に、生徒のみなさんに紹介したく持って行ったそうです。そのとき参加していた女子生徒さんが絵本を手に取りとても嬉しそうに読んでいたのが印象的だったそう。私自身も、今年いくつもの小学校へブックトークをしにいかせていただいたのですが、この絵本はかならず持っていき紹介しました。「くろいの」を紹介するときはできるかぎり最初から最後まで読むことにしているのですが、読んでいる間じゅう、絵本をしっかりと見つめてくれている子どもたち。とくに暗闇からはじまる押入れのシーン(素晴らしいのでぜひみていただきたい)になったとき小さな歓声をあげていました。
終わってからの自由に本を読んでいいよという15分程度の時間には、読んであげたはずの「くろいの」を、あらためて自分で開いて読んでいる子どもたちの多いこと!

いつまでも大事に読みたい・紹介していきたい1冊です。

田中さんの「ねえ だっこして」もお気に入りなのですが、この絵本についてはまた今度。

「くろいの」田中清代・作/絵(偕成社)

くろいの

くろいの

  • 作者:田中清代
  • 発売日: 2018/10/11
  • メディア: -
 

おまけ・わがやの「くろいの」

f:id:hanaco-mori:20201017131936j:plain

#絵本 #えほんとわたし #くろいの

日々,絵本

f:id:hanaco-mori:20201016145359j:image

昨日、たくさんの人(60人くらい)の前で話すことが終わって、精も魂も尽き果ててしまった。よわっちい私。緊張して、何を話したのか、あんまり覚えていない。とにかくたくさん絵本を紹介したけど、時間が足りなくて、すこしだけ消化不良だし…。いつか続きができたら。でも、アンケートにはうれしい言葉をいっぱいいただけていて、それだけが救い。さらに精進します。

 

人の前で自分の気持ちや伝えたいことを言葉にして、声に出せる人はすごいなぁと改めておもう。夫はまさにそれができる人なので尊敬しかない。あなたのようにはなれないけど、私もいつか、ちょっとでもそんなふうになれたらいいなと思う。

 

夜は夫と美味しいご飯を2軒ハシゴ。最後に行ったお店のコーヒーがしみじみ美味しくて、今日になっても2人して「昨日のコーヒー本当に美味しかったよね…」と話していたくらい。二日酔いもなかった。

 

f:id:hanaco-mori:20201017031510j:image

なかよくねてる。

 

 

日々,絵本

f:id:hanaco-mori:20201015070741j:image

今日はとあるイベントにお招きいただいて、新しく出たおすすめの絵本や、私が最近読んだ絵本についてなどなど2時間(もつのか…)おはなしさせてもらうのだけど、昨日までひたすら準備して、でもまだ足りない気がして弱ったなぁという感じ。そして緊張…最終的には疲れてきたのか、「明日何着てこうかなぁ」という、トークとは全く関係のない内容が頭の中を巡るようになってしまった。(結局ワンピースにしました)

 

元気な顔ほしさに、寝る前に400円もするチョコラBBキメたから、肌だけはツルッツル。

 

それではいってきます◎

 

絵本

12月26日付けのデーリー東北にて、毎月の絵本紹介連載「えほんとわたし」が掲載されました。今回紹介した絵本は、みやこしあきこさんの『ぼくのたび』(ブロンズ新社)です。
以下全文。


“ひこうきにのって しらないまちから しらないまちへ” 

小さなまちのホテルで働く「ぼく」の旅の絵本です。彼が自分自身にゆっくり静かに語りかけるかのような文章と共に物語が展開していきます。 
モノクロの絵から始まりますが、ページを進めていくと鮮やかなカラーのページが現れ、はっと息をのみます。懐かしさ、そして切なさや温かさが入り混じり、心がきゅっとなる絵本です。

みやこしあきこさんは、絵本作家です。主に木炭や鉛筆を使用した作品が多い中、今回の「ぼくのたび」では、初めてリトグラフ(版画)を使って描いています。 ちなみに、出版元であるブロンズ新社のウェブサイトでは、「ぼくのたび」の創作背景を動画で見ることができます。絵本作りの過程を知ることで、また違った楽しみ方が見えてくるかもしれません。

みやこしさんは、とあるインタビューの中で、どんなものを描くときにもリアリティーを大切にしている、とおっしゃっていました。その言葉からも分かるような、みやこしさんの繊細かつリアルな描写は、子どもも大人も引き付けてやみません。

さて、今年もあともう少しで終わりますね。今年紹介した12冊の絵本の中に、1冊でも気になる絵本があったらうれしいです。また来年お会いしましょう!


毎回記事と一緒にイラストも掲載していただいていますが、今回はこちら。(最初26日掲載ということをすっかり失念して、クリスマスの絵を担当の方に送ってしまっていたわたし・・・。)あわわわ!と、年末感なイラストを描き直しました。

『ぼくのたび』みやこしあきこ (ブロンズ新社

絵本

気がついたら11月が終わろうとしていています。 八戸は、あっという間に寒くなり、灯油ヒーターをガンガンつけており、猫たちは、明け方になると布団に潜って来て、夜リビングではヒーターの前で溶けています。大変にだらしないです。猫も、人間も。

f:id:hanaco-mori:20171129151555j:image

 

そんな中、デーリー東北での連載、2回目が無事掲載となりました。
今回とりあげたのは、「テオのふしぎなクリスマス」(ゴブリン書房)です。絵を描いているエミリー・サットンが大好きです。繊細な絵ですが、たくさんの色を使っていて、それなのにまとまりがあって迫力もあって・・・。憧れの存在!今回のクリスマスの絵たちも大変すばらしいので、ぜひお手にとっていただければうれしいです。今からでも書店さんへ注文すればクリスマスまで間に合います!

 

f:id:hanaco-mori:20171129151710j:image

絵本

昨日はイベントだった。

【代官山 絵本のはなし】

絵本界の巨人・長新太の脳内地図を読み解く

とだいして、

ちひろ美術館キュレーターの原島さんと

お話をさせていただいた。

内容は、(盛りだくさんなので)割愛するけれど、

とても濃密で、長さん愛にあふれたひとときになった。

私のオープニングトーク(トークというほどか?)の

ど緊張っぷりに、まわりはひやひやしたんだろうなぁとか…

個人的な反省はいろいろあるんだけれど

いただいたアンケートを拝見していると、みなさん自身が

長さんについてもっと知りたいと思っていらして、

その欲求が満たされたというお声が多く

よかったなぁ…!と思ったのでした。

この日のために原島さんに資料作りをしていただいたり、

(素晴らしい貴重な資料の数々でした…)

不慣れながら自身でもレジュメを作ったり、

初めての試みたくさん!

(徹夜反対にゃー)

彼にいたっては、資料探しや読解に至るまで

かなりの時間をさいて今日の日の準備を手伝ってもらって、本当に感謝。

数々の蔵書↓(この10ばいくらい)

やっぱり、誰かの手を借りて、自分も頑張って

いいものができあがっていくのだ。

またがんばろ。