八戸暮らし

 スーパーで買い物をしていたら青森県産・新物のにんにく🧄を見つけた!青森県八戸暮らしで楽しみなことのひとつは、いつでも県内産のおいしいにんにくが買えることだ。最初はひとつだけ買って帰ろうかと思ったのだけど、その隣にある5個入りが目に入ったので、すぐさまカゴにいれてしまった。(その隣にはさらに大容量入りがあった)

レジでの会計を済ませて、にんにくを袋に入れてリュックへ。袋に入れたのにもかかわらずリュックから微かに漏れ出るつよいにんにく臭。おいしいこれは予感しかしない!が、くさい!

ふだんはにんにくを買うと、芽が出てしまう前に冷凍してしまうのだけど、今回は新にんにく。味が落ちるのはなんだかもったいない。できるだけ新鮮なうちに、かつシンプルに美味しさを味わいたい!というわけで作ったのは、きゅうりと新にんにくをごま油で炒めて、醤油と塩であじつけたもの🥒(ネットで作り方をみつけたよ)にんにく、きゅうりとの相性も抜群で、シャキシャキとして、本当に美味しかった。

ただ、何度もいうけど、においは本当に強烈!
けれどきっとまた買ってしまいそう〜・・・

八戸暮らし,日々

今年の桜前線は、割と早く八戸までやってきたぞ。というわけで、ポカポカお天気だった4月18日に、職場からも歩いていける三八城公園まで、お花見してきました。(ランチの1時間を使っての、ミニお花見、でしたが)

公園に入る前から、たくさんの桜が目にとびこんできました。桜たちに「きれいだから早くこっちにおいでー!」と招かれているような気持ちになり、なんともうれしい気分。

日曜日だったけど、人のながれもゆるやか。
そんな中で見た満開の桜はとってもきれいでぜいたくだったよー!
ももちゃんにも見せてあげたかった。。。

みてみたかったー!

落ちている桜、まだ生き生きとしていました。

桜の絨毯もできてた・・・!

ふかふかしてるとおもうの

今年は弘前までは足を伸ばせなかったけど、十分すぎるくらいの美しさだった・・・。
(とはいえ、また弘前へみに行きたいな)

桜って、あっというまに散ってしまってなんとも儚い。
来年もお花見できますように。

八戸暮らし,日々

冗談抜きで寒すぎる日々が続きます。

八戸に長らく住んでいる方からも「20年住んでて初めて」という声を聞きました。特に先日は吹雪だったもんね。ふだん雪がすくない八戸にとっては、珍しい、大雪続きになってしまったのだなあ。

これから少しずつ気温が上がっていくと、ベチャベチャの悲惨な状態に。夜がマイナスの気温ならば、凍って朝ツルツルに。ツルツルの状態を歩くのは少しはうまくなった気はするのだけど、気づかない間に体に力が入ってしまっていて、何だかとても疲れることがあります。

と、つかの間のシャリシャリを楽しみながらバス停まで。

f:id:hanaco-mori:20210111002410j:plain

シャリシャリというよりは
キシッキシッ とか
キュッキュッ
って感じもする。

気がつくと自分でも
キュッキュッとひとりごと言ってしまう楽しさ。

f:id:hanaco-mori:20210111002423j:plain

歩いていると、雪のかたまりを発見。
ただのかたまりと思いきや、何だかふさふさとしている。

f:id:hanaco-mori:20210111002529j:plain

ふさふさ?

モサモサ?

f:id:hanaco-mori:20210111002541j:plain

きっと触ったらすぐ溶けてしまうんだろうと思って、触れずにそのままに、写真だけ撮りました。何でこんなふうになるんだろう?

 不思議なことって、身近にあるのだなぁ。

f:id:hanaco-mori:20210111011416j:plain

おまけ・私のもこもこ手袋(紐付き)

————

年末年始から、胃腸が不調です。
というと、だいたい周りからは、「飲み過ぎ?」」「食べ過ぎ?」と言われるけど、多分理由は、まあ多分半分はあっています。

  1. 夜遅くに食べる(遅番の日、お腹が空いてしまって。)
  2. 夜遅くに呑む
  3. 寒すぎ(腸の動きが鈍くなるらしい)
  4. 気圧の変化

あと、病院に行ったら、先生からは、「やっぱり、体がこちらの気温に慣れてないんだと思うよ 」と言われてしまいまして。もうすぐ移住して5年目になるというのにね。がっくし。

もらった漢方(五苓散!)を飲みつつ、少しずつ、薄皮をはがすようによくなっていく感じを味わっているところです。

—–

リアル職場にて、自身が担当したギャラリー展示が終了しました。たくさんの方に協力していただいた展示。楽しかったなぁ。さびしいけど、またきっと、いつか。

f:id:hanaco-mori:20210112005307j:plain

—–

f:id:hanaco-mori:20210112004132j:plain

f:id:hanaco-mori:20210112004138j:plain


もりはなこのイラストは、ブログのサイドバー(スマホだと下部)のリンクからご覧いただけるほか、こちら↓の黒猫クリックでもご覧いただけます。随時あたらしいイラストをアップしています◎お仕事のご依頼(イラストのご感想等もうれしいです)は、hanaco.mori☆gmail.com(☆は@に変えてください)にお願いいたします。

f:id:hanaco-mori:20201202181054j:plain

よろしければクリックお願いいたします!

にほんブログ村 猫ブログへ

八戸暮らし

f:id:hanaco-mori:20200629215557j:plain
弟と一緒に

自分の生まれた土地には、思い出がある。人生のほとんどをその場所で過ごしたから、友達との通学路も、弟が生まれたときのことも、夫と一緒に暮らし始めたことも、全部その土地での記憶。でもその割に、私はその土地について何一つ知ろうとしていなかったこともわかってきた。

移住してから変化があったおおきな理由のひとつは、リアル職場でのイベントや企画で、たくさんの作家の方たちと関わったことかなぁとおもう。作家の方とほぼ直接やりとりをするということで、しっかりとした関わりをもてたということもあった。それは時に、かなりの緊張感を伴うものだけれど。
リアル職場で開催した、開館オープニングイベントでの「土地」について考えるイベント。ちらしに書いた「自分が住む土地について考えたことがありますか。」という言葉は、自分で書いたくせに、今思えば自分自身へ向けられた言葉だった。いや、ほんとうに、考えてこなかった。生まれて暮らした場所で、市長が誰だろうが、市でどんな取り組みをしていようが、興味ない/知ろうとしない。こんなことを書くのは恥をさらしているような感じだけど、実際そうだった。
イベントで語られた作家の方たちの言葉、歴史にいての興味や、土地の言葉についての考察・・・。それらを直に聞くことで、パッと変化したわけではないけれど、何かがそこから、かすかに変わった気がする。自分が今暮らしている土地について考えることは、自分自身のことを考えることでもある。

f:id:hanaco-mori:20200701002336j:plain

もうひとつは、いわずもがな、職場が市営ということだろう。ずっと民間で働いてきた私にとって、セオリー含めてあまりに新鮮なことばかり。細かいことは置いても、良くも悪くも、住んでいる土地でいきることについて、考えざるをえない。市の施策や取り組みは、自分の生活に直結しているということも、ひどく痛感している。

あ、大事なことを忘れていた。夫と出会ったことも大事なできごとだった。夫は「知る」ということが大好きな人なので、色々なことに興味をもっているし、実際詳しい。興味がひとつのことにとどまらないところもすごい。どんどん派生していく感じ。夫と一緒にいて救われるのは、私が(他の人からすると)「簡単」なことを聞いても、バカにせず教えてくれるところ。笑わないところ。一見普通のことに見えて、これはすごく大事なことで、「そんなことも知らないの」という態度ほど、簡単に人の心を踏みにじるものはないのだ(と、私は思っている)。なので、今とても安心して、わからないことをそのままにしないようにできている。

f:id:hanaco-mori:20200701002453j:plain

コロナになってからは特に政治の動向を、胃が痛くなるような感じで見つめている感じ。東京都知事選も非常に気になっているし、緊張して見守っている。地方にいると、東京は一見遠い場所だけど、地方である以上、(観光や発展などの観点からも)東京をはじめとした都市部の動向は見て見ぬ振りができないということも、この土地に暮らして感じたことのひとつ。コロナで痛感したよ・・・こちらで発症者がいなくても、東京の状況がよくならないかぎり、何も変わらない。

政治については、ずっと関わることがないし関わってもなにも変わらないと思って生きてきたけど、関わらないと変わらないことを身を持って知ったから、これからは関わる。負けない。(なにに?)

こちらからは以上です!

なんだか、ずいぶん、とりとめのないマジメな話になってしまったうえにオチがない・・。汗 でも、ちょうご6月末に移住して4年を迎えるということもあって、なんだか書きたくなり書きました。

今は、ちょっと引っ越したい(not 移住したい)気持ちがむくむくと。どこかよい空き家ありましたら募集中です。


もりはなこのイラストは、ブログのサイドバー(スマホだと下部)のリンクからご覧いただけるほか、こちら↓のてんとう虫クリックでもご覧いただけます。随時あたらしいイラストをアップしています◎

f:id:hanaco-mori:20200620223218j:plain

お仕事のご依頼(イラストのご感想等もうれしいです)は、hanaco.mori☆gmail.com(☆は@に変えてください)にお願いいたします。

八戸暮らし

f:id:hanaco-mori:20200626233448j:plain

昨日夜から降り始めた雨は、今日の朝になってもやまず、むしろ強まって降り続けている。バス停までのほんのすこしの距離で、リュックはずぶぬれになった(そうそれは傘が折りたたみで小さかったから・・・)。昨夜はまさかの21時過ぎに夫婦そろって就寝したにも関わらず、あまりにも早く寝過ぎたせいで猫たちもおのずと超早起きとなり、朝の3時にごはんをあげるはめになって、結局それからはうつらうつらとしかできず、何のために早く寝たのだろう・・・というくらい眠い1日の始まりをむかえてしまった。

ちょうどこのころ私たち夫婦は八戸市での新しい生活を始めていて、あっというまの4年間にふしぎな気持ちになっている。全部が新しくて新鮮だった時と比べると、そうでなくなったこともたくさんあるけど、4年間変わらず新鮮さが健在なできごともいくつもある。(星がきれいは代表格)

移住する前。神奈川県で暮らしていた頃。自分のことに必死だったのか何も考えていなかったのか、地域のことにも世間のことにもさほど関心がなく、政治のことについてもほぼ無関心だった。今考えると、自己中心的な日々だったのかもなぁ、とも。
そういう意味では移住してからの4年間は、私にとって大きな変化があった期間でもあったように思う。

(つづく)


もりはなこのイラストは、ブログのサイドバー(スマホだと下部)のリンクからご覧いただけるほか、こちら↓のてんとう虫クリックでもご覧いただけます。随時あたらしいイラストをアップしています◎

f:id:hanaco-mori:20200620223218j:plain

お仕事のご依頼(イラストのご感想等もうれしいです)は、hanaco.mori☆gmail.com(☆は@に変えてください)にお願いいたします。

八戸暮らし

年末年始は、夫の実家札幌と、私の実家横浜へという、

スペシャル帰省ツアーが開催されました。

まあ、なんというかお互いの親に会うということは
ほんの少しの勢いと我慢が必要なこともあって
夫と私それぞれに「行くぞ!」の決心を持って
年末年始という抜群のタイミングに決行したのであります。

 

29日の朝から札幌へ。

f:id:hanaco-mori:20200114174826j:plain

普段出張では上の方へ行かないこともあって
新鮮な景色がひろがる。
雪はうつくしいな。

f:id:hanaco-mori:20200114174852j:plain

f:id:hanaco-mori:20200114174912j:plain

北海道へむかう列車の途中では
私の苗字「もり」の駅が。

夫はもりばっかり、ずっと撮っていた。

なんだか道中とてもうれしそうだったのが印象的。
ふるさとにいくのだものね。

f:id:hanaco-mori:20200114175224j:plain

札幌はさむいぞ〜と脅されていたのだけど
まさかのその日は晴天かつ寒くなく雪もなく。
「こんなんじゃないのに〜」と少しだけ悔しがる(?)夫。
私もいつか雪深い時にまた行ってみたい。

f:id:hanaco-mori:20200114175246j:plain

年末を札幌にあるすばらしい温泉旅館で
夫のご両親と弟さん夫婦(と、赤ちゃん!)とゆっくり過ごし
30日、私は一足さきに一度青森の家に。
そう、ももちゃんの輸液をするために戻るのです。
猫たちの世話をして、
(というか私自身が猫たちに数日会えないだけで寂しかったし
この一瞬だけでもかなりパワーをもらった。)
31日の早朝ひとり横浜の実家へ。

夫はといえば、私が出かけた31日の夜に札幌から自宅へもどり
猫の世話をし、元旦の朝に私の実家で合流するというスケジュール。

f:id:hanaco-mori:20200114175302j:plain

行く前までは長く感じたこのスケジュールも、
終わってしまえば、あっというま。

横浜から見える富士山で、ツアーもおわり。

大変だったけど、両親が喜んでいる様子をみれて
夫婦共々ほっと2020年を迎えることができたのでした。
両親が元気ということはとてもありがたく、幸せなことですね。

f:id:hanaco-mori:20200114202909j:plain

実家のまるちゃん、尿路結石の手術したばかりで
お腹の毛薄かったり、かわいそうだったけれど、
愛らしさは、ずっと変わらず。
元気でいて・・・!

 

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ