ももこ,老猫との日々

 9月4日00:20、ももこが旅立ちました。


 おかしいな、と思ったのは8月31日。
 普段の何倍もよろよろとし、ものにぶつかる。トイレもうまく行かない。これは・・・このままではけがをする、と、あわててペットサークルをネットで購入。そこからはあっという間に体調が急降下していきました。

 9月2日、ふと抱き上げたときにうんちをしてしまい、お尻を拭き、おろしてあげると、そのまま横たわって立ち上がれなくなり、呼吸も鼓動も早くなって。夜だったのですが、主治医の先生が駆けつけてくれ、「お守り」として、痙攣をとめる座薬をいただく。先生が帰ったあと、ももこは少し落ち着いたようでホッとしたのもつかの間。翌日からは、痙攣の一種なのか一日中手足をこぎ続ける仕草が止まらなくなりました。いただいた座薬を使いながらも、それ以上何もしてあげられることがない。

 9月3日に、やっと届いたペットサークル。組み立てて、その中にももこを入れてあげる。もう一歩も歩くことができず横たわるだけとなってしまっていたももこ。他の3匹がちょっかいをかけることもないためサークルは必要なかったのだけど、せっかくだから、おうちみたいにいれてあげることにした。じっと見守るだけしかできないのがもどかしい。ももこのおむつをとってやると、ピンク色のおしっこ。明らかな血の混じったもの。あわてて先生に連絡すると、もう見守るしかないとけれど、少しでも苦しくないよう、痙攣を止めるお薬を輸液にいれたものを、今日来てもらえたらお渡しできます、と言ってくださって、夫は仕事を早上がりさせてもらい、病院で受け取り帰ってきてくれた。

 たぶん夫も私も、ももこの残された時間があとわずかだということを、わかっていたのだと思う。覚悟をしないといけないということも。でも、あきらめられるものではなくて、あと少しだけ、もう少しだけ一緒にいたいという祈るような気持ちで、いただいた輸液をももこにいれてあげることに。

 ほどなくして、手足の痙攣がなくなり、しずかに呼吸しながら、じっと動かなくなったももこ。やっぱり様子を見るしかできなく、夫と交代交代で起きていようと、先に私はすこし仮眠をと寝室へ。
 しばらくして、夫が飛んできて、「ばあば(ももこ)、息をしていない」。それが、9月3日の夜中、4日になったばかりの0時すぎのこと。


 数日間痙攣に苦しんでいた(先生曰く、朦朧とした状態)ももこは、最期、本当にほっとしたような、やさしい顔になっていた。ふにゃふにゃになっていたけど、抱き上げるとまだあたたかくて、生きているみたいで。


 明らかな体調の変化に気づいてから亡くなるまでがあっという間で、心が追いつかないままです。ですが、夫婦揃って、ももこと最後の時を一緒に過ごすことができて本当によかったと思っています。
 ももこを大好きでいてくださった皆さま、本当にありがとうございました

 2015年の8月末に、早稲田から、当時横浜に住んでいた私たちの家にやってきて、それから八戸へ。やってきたときにすでに13歳くらいと言われ、エイズもちだったにもかかわらず、それから6年間も生きてくれて感謝しかないなぁ。特に八戸の先生に診ていただいてからは、どんどんよくなってきて、点滴こそ欠かせなかったけれど、よく食べよく怒りよく寝、表情もコミカルになってきて、我が家のアイドルでした。

 しばらくずっと寂しいと思うけれど、大事な思い出とともに、これからもずっと一緒です。

 悲しい気持ちが続くものの、思い出すのは、ももこの毛並みや、ムームー怒っているところや、こたつで幸せそうに眠っている姿。こんなに長く生きてくれて本当にありがとう。

 ちいた、トラ、パンとも、絶妙な距離を保ちつつ、みんなで過ごした毎日、たのしかったなあ・・・。
 3匹も、本当にありがとう。そしてこれからも頼むよ。(ダイエットしような)

またね、ももちゃん。

日々

 青森県、その中でも八戸市の感染者数が増えてしまったため、市内の施設において、休業・イベントの中止や延期が決まった。リアル職場である八戸ブックセンターで開催中の「『退屈をあげる』坂本千明 原画展」も、その対象となり、9月末までの開催の予定が今月いっぱいまで。まさかそんな・・3日だけの開催って・・・。仕方のないこととはいえ、がっくりした。
 …しかし!奇跡がおき(正しくは、坂本さん、そして前後に予定されている会場の主催者のみなさんのお心遣いのおかげです)、11月あらためて展示させてもらえることになりました・・・!!世の中では、泣く泣く中止になったイベントや企画で溢れている。その中で、今一度開催できるチャンスをもらえたとことは、とても幸運なことだ。すこしでも安心の中開催できるように、準備したいと思う。そして、八戸、青森、日本、世界…のコロナウイルスが早く終息しますように。



 夫が遅番で出勤する直前に、こたつ布団におもらしをしたももこ。何よりもこたつを愛しているももこは、こたつ布団が(自分がおもらしをしたのだとしても)干されるなんてありえない、信じられない、きらい、ばか!!といった具合に、私が帰ってくるまでずっとプンプンしていた。

 「一冊の本」で出会った、村井理子さんのエッセイを読みたくて、近々購入する予定。

ちいた,ねこ,日々

 収束なんて夢なのかなと思うほどに、コロナが広がっていくことがしんどい。個人に自衛をお願いするフェーズはとっくのとうに終わったよね。今日、母と子の3人暮らしで全員コロナにかかってしまい、自宅療養しかできずお母さん(40代)が亡くなったというニュースを聞いて、本当に辛かった。やっぱり、オリンピックはやるべきではなかったと思うし、もっともっとするべきことがあったのだと強く感じる。

 つらいな。

ぐー。

イラスト,絵のこと

まるで懐メロみたいなタイトルになってしまった。(そもそもタイトルつけるセンスが無さすぎるので、すべて無題にしていきたい)

今回は、買ったばかりの画材を試したくて描いたもの。

ひとつめは、Dr.Martin’sの、「BLACK STAR」(matte)。

 世界堂のウェブサイトで見つけて購入。
 使った感想としては・・・すごくいい、です。さらっとした描き心地なのだけど、BLACK STARの名前どおり、とにかく黒い。誰かのTwitterに、乾きやすすぎるとあったので、少し心配していたのだけど、今のところはあまり気にならず。ちょっとお値段が張るので、フタをとにかくきっちりしめて大事に使っていきたい。
 そもそも一時期画材屋さんから姿を消していた、ドクターマーチンのインクたちが復活しているのがなにより嬉しい。いつか昔みたいに色んな色を集めたい気もするけれど、今はお気に入りの水彩絵具があるので主線用で黒い子のインクを愛用しようと思います。

 もうひとつは、インクを買うときについでにと買ったマスキングインク。いいものないかな〜と探しているところだったのでお試しに。まだ使いこなせていないのだけど、作品にうまく生かすことができたらいいな。

 あたらしい洋服を買うのにはめちゃくちゃ躊躇するけど、画材を買うときのお財布はゆるゆる。

トラ,日々,食べたもののはなし

 八戸、今年は暑くなるのが早い気がするのだけど気のせいだろうか・・・。毎朝バス停まで歩くだけで1日の気力を使い果たしてしまっています。

 今日からオリンピックが始まるらしい。直前に起きた、開会式関係者の辞任解任について、あまりに精神的ダメージが大きかった。コバケンをずっと応援してきた身としては、ひとことでは言えないのだけど・・・。過去のことを消せないにしたって、今回の(あまりにも早く・周到に感じる)吊し上げての落とし方は、見ていて気持ちのいいものではなかった。ブルーインパルスに「ありがとう!」と言っている人たちにも、もやもや。そんな今日。



 夫と、仕事の帰り道、いろんなことを話す。仕事のこと、これからの自分たちのこと、今の日本のこと、オリンピックのこと、環境のこと。かと思えばあまりにくだらないことも。(一番多いのは猫のはなしかもだけど)いつも答えは出たり出なかったり、けれど私たち夫婦にとっては、話すことがなにより重要だ。




 最近は冷やし味噌汁が美味しい。具は糠塚きゅうりが美味しいと聞いて、試してみたら抜群だった。
暑くなってくると食欲が減退するけど、これのおかげですこし元気。

最近食べた美味しいもの。
八戸市桜木町付近にある「festa」というお店。
なんとここには、土日限定で、ポニーがいます。

かわいい・・・(今片目を怪我してしまっているそう。)
夫と馬(夫は午年)

このお店では、スパイス料理が楽しめます。特にカレーが美味しいとのことでオーダーしたら・・・!

目にも美味しいカレーでてきた・・

festaさんは、インスタをされているので、ぜひご覧になってみてください〜!
https://www.instagram.com/festa.hachinohe/