ちっちゃい折りたたみ傘/歌詞もわからぬまま

朝から冷たい雨。4月ってこんなに雨降ったっけ?と思うくらい、ここ最近雨の日が多い。持っている折りたたみの傘はちいさすぎて、バスを待っている間にリュックがびしょぬれになった。いつもこの折りたたみ傘をさしてびしょぬれになるたびに、買い換えようと思うのだけど、壊れていないという、その1点の理由で買い換えしずらく、しばらく使っている。数年前東京出張のとき、とある格安のホテルに泊まり、その翌日朝突然の雨に見舞われてフロントで買った、よくいえば、小さくて軽い折りたたみ傘。ちっちゃい。そしてちゃっちい。そんな傘は、実は先日1箇所壊れ、「よし買い換えだ!」とおもって喜んでいたのだが、夫がなんなく直してしまった…

 

 昨日の夜晩酌していると、夫が、たいして飲んでいないのに赤くなっていたので「こういうときは体がもうやめたほうがいいって言ってるってことなんだから、やめときなね」と伝えて、私は先に寝るねとベッドへいく前に洗面所へ立ち寄って鏡を見たら自分も顔が真っ赤っかでびっくりしたしとても恥ずかしかった。そのままベッドに向かい、横になって眠った。

 毎日のように聴いているせいか、中村佳穂の「忘れっぽい天使」と「そのいのち」が頭の中にループし続けている。「そのいのち」の前半は、実はなんと言っているかがよく分かってなくて聴いているんだけど、もはやそれも含めていいので、あらためて歌詞の確認はしていない。

 爪が伸びてきた。爪は普段から短くしているから、少しでも伸びてくるとすぐにわかるし、気持ち悪い。とくに、頭を洗うときに頭皮に爪が当たるのがいやで、ちょっと伸びるとすぐ切ってしまう。

 職場で使っていたシャーペンが描きやすいなと思ってメーカーなどを見てみたら、三菱uniの「VERYシャ楽」とあって、なんだかすごいネーミングだ。シャーペンは0.9mmだの1.3mmだの、ついには0.2mmまでいろいろそろえたことがあったけど、0.2mmは本当に使う機会がなかったな。

 わがやのオアシス、灯油ヒーターの上によくいる2匹。姉弟。このふたりが一緒の時は、きっと何かをたくらんでいる。

画像2

 絵にもしてみました。ちゃん。

画像1

トップに戻る