病院経由お昼のお弁当行き

f:id:hanaco-mori:20201014093940j:image

 

病院経由のバスには、いつもおばあちゃん多め。乗って少しして飲み物を一口飲むためマスクを一瞬外したら、「おばあちゃんのにおい」が鼻にワッと飛び込んできた。懐かしいような、そうでもないような、嫌いじゃないけど好きでもない、微妙なにおい。

 

体調の微妙な変化で、食欲がとてもある。が、そういうときにジャンクなものに走るとよくない(と思える心の余裕がたまたまあった)と、お弁当つくった。シャケの焼いたのをご飯(もち麦いり)の上にどーんとのっけて、ブロッコリーを胡麻マヨで和えたのと、卵焼き(が面倒くさくて一重を丸めるという斬新なやつ)をつめたのと、スープジャーの中には、鶏団子と白菜のスープ。正直とてもたくさんのお昼だったけど、ぺろりと食べてしまった。おいしかった。特にスープ。スープジャーの中身は写真映えしないので、写真はなし。