おそらくきっと波瀾万丈/日本に希望を求めて

2020061600520738c.jpeg
 
 今まで作ってきて途絶えてしまったブログ2つをさよなら&整理したくて、このブログに統合してみた。読み返していると、あのときこんな気持ちだったんだなぁ、とか、つらい時期だったのぅ・・・なんて思い出すからおもしろいし切ない。ほぼ仕事と猫のこと。4〜5年前のことなんてつい最近に感じるけど、移住も含めたら結構波瀾万丈だ。

 あと、私、この3〜4年で絵が上手くなったな(あくまでも当社比/自画自賛)。たくさん描いたもんな。移住してからはとくに。限られた時間の中で描かなきゃいけないというのはものすごく力になることだと実感した。とはいえまだまだ修行は続く。


 NHKのドキュメンタリー「ジャパニ〜ネパール 出稼ぎ村の子どもたち〜」を見た。前後編でかなり見応えのあるもの。ネパールのとある村。そこでは両親が日本に出稼ぎに行った子どもたちを「ジャパニ」と呼ぶ。日本で働くネパール人が9万人にも及ぶこと/そのほとんどの人がネパールにある一つの町からやってきていること/戦後ネパール人が日本に出稼ぎに行ったことで成功した事例があり、最初こそ希望をもって日本に出稼ぎにいったが、実際は日本にきても賃金は安く働きづめで、休みもなく、ひとつも余裕がなく苦しいこと…。そしてその子どもたちのほとんどは一緒に暮らさずネパールにいる(そこでの私立学校にかようお金も親は日本で稼ぐ)という実情を知る。(日本で働くネパール人の女性の多くはホテルの清掃などの仕事)
 やり場のない気持ちになる。
 日本人がやりたがらない仕事を低賃金でさせていているという現状。もちろん問題はまだあると思うけど。見てからずっともやもやとしている。
 再放送もあるのでぜひ見てほしいです。というか私ももう一度みたい。

 
トップに戻る