年末年始・スペシャル帰省ツアー

八戸暮らし

年末年始は、夫の実家札幌と、私の実家横浜へという、

スペシャル帰省ツアーが開催されました。

まあ、なんというかお互いの親に会うということは
ほんの少しの勢いと我慢が必要なこともあって
夫と私それぞれに「行くぞ!」の決心を持って
年末年始という抜群のタイミングに決行したのであります。

 

29日の朝から札幌へ。

f:id:hanaco-mori:20200114174826j:plain

普段出張では上の方へ行かないこともあって
新鮮な景色がひろがる。
雪はうつくしいな。

f:id:hanaco-mori:20200114174852j:plain

f:id:hanaco-mori:20200114174912j:plain

北海道へむかう列車の途中では
私の苗字「もり」の駅が。

夫はもりばっかり、ずっと撮っていた。

なんだか道中とてもうれしそうだったのが印象的。
ふるさとにいくのだものね。

f:id:hanaco-mori:20200114175224j:plain

札幌はさむいぞ〜と脅されていたのだけど
まさかのその日は晴天かつ寒くなく雪もなく。
「こんなんじゃないのに〜」と少しだけ悔しがる(?)夫。
私もいつか雪深い時にまた行ってみたい。

f:id:hanaco-mori:20200114175246j:plain

年末を札幌にあるすばらしい温泉旅館で
夫のご両親と弟さん夫婦(と、赤ちゃん!)とゆっくり過ごし
30日、私は一足さきに一度青森の家に。
そう、ももちゃんの輸液をするために戻るのです。
猫たちの世話をして、
(というか私自身が猫たちに数日会えないだけで寂しかったし
この一瞬だけでもかなりパワーをもらった。)
31日の早朝ひとり横浜の実家へ。

夫はといえば、私が出かけた31日の夜に札幌から自宅へもどり
猫の世話をし、元旦の朝に私の実家で合流するというスケジュール。

f:id:hanaco-mori:20200114175302j:plain

行く前までは長く感じたこのスケジュールも、
終わってしまえば、あっというま。

横浜から見える富士山で、ツアーもおわり。

大変だったけど、両親が喜んでいる様子をみれて
夫婦共々ほっと2020年を迎えることができたのでした。
両親が元気ということはとてもありがたく、幸せなことですね。

f:id:hanaco-mori:20200114202909j:plain

実家のまるちゃん、尿路結石の手術したばかりで
お腹の毛薄かったり、かわいそうだったけれど、
愛らしさは、ずっと変わらず。
元気でいて・・・!

 

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ