190213-3

日常

tu-ra-ra
アルファベットにすると歌みたい。

毎朝のバス停のベンチの下をみれば、つらら。八戸に来てからというもの、冬の寒さはつらくとも、冷たくて美しい風景にいつもカメラを構えてしまう。つららも、美しい。
つららは尖っていて落ちてきたら危険だろうけど、下がっている状態はとても美しい。
ポプラ社さんから出ている「つらら」という写真絵本が気になっていて、近々読んでみたい。


日常

Posted by morihanaco