2018・今年1年ありがとうございました

めずらしく凛々しくトラのようなトラちゃん

特に今年は9月頃から年末まで、本当にあっというまにすぎって行ってしまった気がします。そして八戸に移住してから3回目の冬です。またたくまに過ぎ行くなあ。

私的、今年1番の大きなトピックスは、2つです。

  • 夫のご両親と私の両親が初対面

私の両親は関東圏、夫のご両親は北海道。私たちが八戸に移住することがあまりにも急だったので、挨拶云々ろくにできないまま早2年。私たち夫婦の住む場所、そしてお互いの両親の居住地の(ほぼ)中間地点の八戸で、対面することとなったのです。
生きてきた環境も土地もすべて違う者同士が夫婦になって、その親同士が一度も降り立っとことのない土地で話をしている、笑っている、盛り上がっている。その瞬間が、今自分たちがこの場所で頑張っていてよかったと思えるできごととなりました。

気に入っている1まい
  • 我が家の最長老猫ももこが、自宅での点滴を開始

ももこの腎臓の数値がよくないとわかったのが10月のこと。最初は病院で皮下輸液してもらっていたのですが、私たちが車の免許をもっていない&ももこが外出が好きではないということ、そしてちょうどさむい時期に突入するということもあって、自宅で輸液をしてみようということになりました。今現在2日に一度輸液をしています。もちろんまだまだ慣れないので、毎回緊張してしまいますが、輸液を続けていたら、数値がよくなってきた&体調が安定してきたということもあって、少しホッとしています。劇的によくなる、ということではなくとも、ゆるやかに日々を過ごせるような環境をつくっていってあげなくては、と心に誓う私と夫でした。

最初は「これを家でやるのか!できるんか!!」と思ったものです。ぞわぞわ。
怒るももこ

今年は去年に増して、自分自身の今後を考えながら1年を過ごしてきたように思います。多分来年もそんな気持ちを抱きながら過ごすのだと思います。そんなことを思えるのは、今目の前に訪れるさまざまが、楽しいからなのだとも実感しています。
関東の職場で出会えたすばらしい人たち、そして移住しなかったら出会えなかった人たち。随分ぜいたくだと思っています。まだずっとこれからも自分に自信があまりもてないことは変わらないのですが、それでも、ちょっとずつ変化していけたら。

みなさん、来年もどうぞよろしくおねがいいたします!

トップに戻る