夏が終わってしまう

日常

先月は、思い出すだけでドキドキしてしまうようなイベントが目白押しで、それも無事におわり、私の夏がおわりました。最高の夏だった。きっと忘れることはないだろうな。

最近、東京出張にいく前に書店に寄ってふと手に取った、北大路公子さんのエッセイが大変おもしろくって、久しぶりに本を読んで笑って泣きました。お酒飲んで泥酔して、毎日めんどくさそうにしている北大路さんのその軽快な文章をまだまだ読みたい。

読みながらふと思い出したのはさくらももこさんのまんがとエッセイで、ひさしぶりにさくらさんのエッセイを読みたいなーと思っていた時にとびこんだ訃報。私の青春がおわってしまった。

嬉しい気持ちと寂しい気持ちは、いつも交互にやってくるんだなぁ。


ねえ、ちいちゃんもそう思う?

日常

Posted by morihanaco