テオのふしぎなクリスマス

絵本

気がついたら11月が終わろうとしていています。 八戸は、あっという間に寒くなり、灯油ヒーターをガンガンつけており、猫たちは、明け方になると布団に潜って来て、夜リビングではヒーターの前で溶けています。大変にだらしないです。猫も、人間も。

f:id:hanaco-mori:20171129151555j:image

 

そんな中、デーリー東北での連載、2回目が無事掲載となりました。
今回とりあげたのは、「テオのふしぎなクリスマス」(ゴブリン書房)です。絵を描いているエミリー・サットンが大好きです。繊細な絵ですが、たくさんの色を使っていて、それなのにまとまりがあって迫力もあって・・・。憧れの存在!今回のクリスマスの絵たちも大変すばらしいので、ぜひお手にとっていただければうれしいです。今からでも書店さんへ注文すればクリスマスまで間に合います!

 

f:id:hanaco-mori:20171129151710j:image

絵本

Posted by morihanaco