長新太のあたまのなかをのぞいてみたら

昨日はイベントだった。

【代官山 絵本のはなし】

絵本界の巨人・長新太の脳内地図を読み解く

とだいして、

ちひろ美術館キュレーターの原島さんと

お話をさせていただいた。

内容は、(盛りだくさんなので)割愛するけれど、

とても濃密で、長さん愛にあふれたひとときになった。

私のオープニングトーク(トークというほどか?)の

ど緊張っぷりに、まわりはひやひやしたんだろうなぁとか…

個人的な反省はいろいろあるんだけれど

いただいたアンケートを拝見していると、みなさん自身が

長さんについてもっと知りたいと思っていらして、

その欲求が満たされたというお声が多く

よかったなぁ…!と思ったのでした。

この日のために原島さんに資料作りをしていただいたり、

(素晴らしい貴重な資料の数々でした…)

不慣れながら自身でもレジュメを作ったり、

初めての試みたくさん!

(徹夜反対にゃー)

彼にいたっては、資料探しや読解に至るまで

かなりの時間をさいて今日の日の準備を手伝ってもらって、本当に感謝。

数々の蔵書↓(この10ばいくらい)

やっぱり、誰かの手を借りて、自分も頑張って

いいものができあがっていくのだ。

またがんばろ。

トップに戻る